このページの先頭です
ここから本文です
  • HOME
  • CSRニュース

ニュースリリース

2015年CSRニュース一覧

2015/10/23

女性が美しく健康であるために

photo

ビースリーは今年も継続して、ピンクリボン活動を推進します。
「ビースリー」を展開する株式会社バリュープランニング(本社:神戸市中央区、代表取締役社長:井元憲生)は、今年もピンクリボン活動に協賛し、対象商品の売上の一部を公益財団法人日本対がん協会「乳がんをなくす ほほえみ基金」へ寄付します。

ピンクリボン活動は、女性の8人に一人が乳がんになる、乳がん先進国のアメリカで生まれました。
アメリカでは、多くの市民団体が、さまざまな形でピンクリボン活動に取り組んでいます。
このような運動の結果、アメリカはじめヨーロッパでは乳がんで亡くなる方は90年代から徐々に減少に転じています。

乳がん検診を受ける、早期発見の大切さを伝える――ピンクリボンは「気づき」と「行動」の世界共通のシンボルマークです。

美脚ストレッチパンツ専門店「ビースリー」は、コンセプトである”いつまでも女性に美しく、健康であってほしい”との想いから、2007年よりピンクリボン活動への協賛を開始しました。毎年、ピンクリボン対象商品を企画しており、今年も限定カラーを販売します。

2015年ピンクリボン対象商品
「サテンライト・ストレート」(ローズピンク)¥12,900-(税別)
「サテンライト・スリム」(ローズピンク)¥12,900-(税別)

女性の病気である乳がんは、お客様・スタッフのほとんどが女性であるビースリーにとって他人事ではありません。今後もビースリーを通じて、多くの人々に乳がんの早期発見の大切さを広めることができれば幸いです。

PAGE TOP